DAM Photographer

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

北陸地方整備局・・・


お便りが届きました。わーい(嬉しい顔) (写真1)

先日訪問した、宇奈月ダムの管理所からです。るんるん

内容は訪問のお礼状とパンフレットなどが入っておりました。
再訪することがあれば、監査廊案内しますのでよろしくとのこと。
こういうのってうれしいですよねぇ~るんるん
ぜひ再訪したくなります。ムード

ところでこの封筒、なかなかお洒落なデザインである。(写真2)
黒部峡谷鉄道のイラストは、どなたが描かれたんでしょうね。わーい(嬉しい顔)



  1. 2008/07/24(木) 22:56:00|
  2. ダム
  3. | コメント:0

たぶん限界・・・(おまけ)


さぁ「横川ダム」のうわさのゲートです。(写真1)

「リングゲート装置付回転式スライドゲート」である。るんるん

この写真は閉じているところ。
秋になると開けた状態を見ることが出来ます。

そして、「七ヶ宿ダム」の噴水です。
これで80m噴き上げてます。るんるん
コレ見てたせいで次の摺上川ダム到着が遅れちゃったんですけどね・・・

最後は、「摺上川ダム」の非常用洪水吐です。
平面湾曲型側水路形式って感じですよねるんるん
どう見てもダムの中にミニダムがあるような・・・わーい(嬉しい顔)

  1. 2008/07/24(木) 01:51:00|
  2. ダム
  3. | コメント:0

たぶん限界・・・(最終回)


一気に3部作最終回衝撃

山形県にある「白川ダム」です。
国土交通省東北地方建設局の多目的ダム。

国交省ですから・・・(以下略あせあせ(飛び散る汗))

着いた時に提体見学会やってたのですが・・・
すでに始まっていたので参加できず・・・
まっ、参加してたら全行程2時間らしいので
この後の予定に暗雲が・・・
ただ、色々な資料関係はもらえました。手(チョキ)

ここはゲートがすごく近くで見れるのが特徴。

さて次のダムへと・・・

一気に宮城県へと移動・・・
「七ヶ宿ダム」である。(しちかしゅく)と読みます。
国土交通省東北地方建設局の多目的ダム。

国交省・・・(以下略)

ここのダム湖には高さ80mにも上がる噴水がある。
30分ごとに吹き上げるのでしばらく待って見学。
すげ~っるんるん
コレは観光目的もあるが、本来は水質保全設備である。
駐車場から管理事務所や資料館まではちょっと遠い・・・

噴水なんか見ていたから時間が・・・
さぁ次だ。
福島県へと入ります。
「摺上川ダム」である。(すりかみがわ)と読みます。
ここも国土交通省東北地方整備局の多目的ダム。

国交しょ・・・(いい加減略)

2006年完成。まだ新しいダムです。
このダムの見どころはなんと言っても非常用洪水吐である。
平面湾曲型側水路形式と呼ばれ越流頂が317mもあるのである。
ダムの中にミニダムがあるような感じです。
コレも後で写真載せますね。

さぁ以上で「限界日帰りダムめぐり」も終了です。
新潟-山形-宮城-福島とまわってダム9箇所巡れました。

これ以上遠くは・・・一泊にしないと・・・ね

  1. 2008/07/23(水) 01:33:00|
  2. ダム
  3. | コメント:0

たぶん限界・・・(2)


さぁ、一気に書きまくりますよ~衝撃

当初予定では、「鷹の巣ダム」なのですが・・・
調子こいて走っていたら・・・通り過ぎました衝撃

んで次。「岩船ダム」である。
ここは荒川水力電気株式会社の発電専用ダムです。

荒川水力電気といわれてもよく判らないかもしれませんが、
東北電力と日本軽金属との共同出資で作られた会社です。
発電した電力は当然、東北電力と日本軽金属へと供給されます。

さぁ次るんるん
「赤芝ダム」です。
コバレントマテリアル株式会社の発電専用ダム。
またしてもよく判らない企業名かもしれませんが、
旧社名は東芝セラミックスです。

そしてお次は・・・
「横川ダム」です。
国土交通省北陸地方整備局の多目的ダム。
昨年完成したばかりの新品です。るんるん
国交省ですから資料館あります。ダムカードあります。手(チョキ)

ここのダムのクレストゲートはものすごい構造のもので
最新式の「リングゲート装置付回転式スライドゲート」というものが付いています。
このゲートの写真は後にご紹介したいと思います。

とりあえず次のダムへ・・・
  1. 2008/07/23(水) 01:06:00|
  2. ダム
  3. | コメント:0

たぶん限界・・・(1)


さて、日曜日のことである。

朝起きたら天気が良かった・・・衝撃衝撃 (またか・・・)

タイトルにあるように日帰りの限界ではないかと思われるルートである・・・あせあせ(飛び散る汗)

今回は延々と書くと大変なので「全3回」で纏めますたらーっ(汗)
ダムの名前からルートを検索してみるのも良いでしょうわーい(嬉しい顔)

んで、今回は写真がダムばかりでは面白くないので
ダムの名前が判るものでまとめました・・・
もちろんちゃんとダムの写真もありますが、ここまでくると
ダムに興味のない方にとっては「どれも同じ」に見えちゃうからねぇ・・・衝撃

では、まず最初の訪問先は「胎内第二ダム」です。(写真1)
新潟県の発電専用ダムです。といってもこの写真じゃねぇ~わーい(嬉しい顔)

そして次に訪問したのは「胎内川ダム」です。(写真2)
こちらも新潟県のダムですが、多目的ダムです。
職員の方がいらしたので資料とパンフレット貰いました。

ここと、さらに上流の「胎内第一ダム」にはヘリポートがあります。
冬期、豪雪時の職員輸送用だそうで・・・すごいところだ・・・

本来ならこのまま上流へと向かい「胎内第一ダム」に
行き、さらに上流に建設中の「奥胎内ダム」を見るのがセオリーexclamation & question
・・・なんですが、時間の関係もありパス。

続きましては水系が変わりまして「大石ダム」です。
国土交通省北陸地方建設局の多目的ダム。
さすが国交省、資料館もちゃんとあります。
もちろんダムカードもありますよ。

ダムの撮影や職員の方とのお話など、だいたい最低でも30分は要します。
通常は1時間程度かけて写真を撮ったりお話を伺ったりしています。

パッと撮ってすぐ移動していればかなりのダムを狙えますが、
やはり、せっかくですので色々歩き回ってしまいます・・・

  1. 2008/07/23(水) 00:33:00|
  2. ダム
  3. | コメント:0

そういえば・・・


世間は3連休なんですねぇ~

土曜日は仕事でしたので単に連休になってしまいました・・・あせあせ(飛び散る汗)
連休だからといって泊りがけでダムには行きませんよ・・・あせあせ(飛び散る汗)

どちらか一日くらいは・・・衝撃
まぁ、ここの所ダムばかりが続いてますからねぇ~るんるん

んなわけで日記は黒部ダムばっかり書いていたので
その間の出来事が書けなかった・・・書くほどのこともなかったが・・・衝撃

ああ、下久保ダムが「弾力的管理試験放流」とかいうものを
行っていました。いわゆる「フラッシュ放流」というやつです。
http://www.simokubo.com/cgi/news/kouzui/bin/bin080716165111005.pdf

90t/sの大放流で迫力なんだな。
平日だったんだが、なぜか現場近くを通りかかったので・・・衝撃

近くで撮ったら水飛沫がすごくて、良く見えません・・・(写真1)

ちょっと離れたところから撮ってみたら・・・(写真2)
ダムの下の方はすげーことになっているのがわかった・・・
下半分、全部飛沫じゃん・・・衝撃
これじゃあ良く見えないわけだ・・・

平日なのと通知が遅かったのもあってか
地元の方数人以外、誰も見に来ていなかった・・・

そのせいか、職員の方がダム最接近のベストポジションに
案内してくれました。迫力だぁexclamation ×2 (写真3)

いや、いいものを見せてもらった手(チョキ)
  1. 2008/07/20(日) 02:58:00|
  2. ダム
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

萃香 

Author:萃香 
「堤体写真家」やってます…
言ったもん勝ちです。
そんな職業ありませんです…
ないよ・・・ね?

リンク

Dam Web Ring

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (10)
ダム (362)
バス (9)
カメラ (6)
雑貨 (12)
神社 (4)
船舶 (11)
風景 (88)
チョロQ (6)

月別アーカイブ

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。